出会い系サイトよりSNSにながれていることがあると言われています。
SNSもたくさんありますが、やはり有名どころが一番人気があるようです。

その中でfacebookというSNSは、
海外での経験が多い人が多いタイプのサイトで、
英語が特に使える人向きです。登録者のレベルも高く、
仕事などの付き合いをここで広げている人たちも多いようです。

つまり、知的な人たちが多いサイトということになるでしょう。
このようにサイトによっていろいろな特徴があり、
それを知った上で利用することがいいと思います。

いろいろとリサーチすることもできますので、
特徴もよく知っておくことも大切ではないでしょうか。

でも、どんどんSNSに流れる中、
出会い系サイトを逆に使っていくということも結構面白いのです。
というのはSNSでは現実の友達ともかかわりがあるという関係上、
秘密が守れないのです。
でも、出会い系サイトではどこの誰だか全く分からないわけです。

出会い系サイトでのメル友などと、SNSのメル友とでは,
しがらみの関係も違ってきます。
出会い系サイトでのメル友が、
逆に秘密の中で付き合う事に意味がある場合もありますね。

このように、すべてがSNSの方がいいとも、
言い切れないこともあるのです。
どちらもネットの世界での人間関係を広げるツールなのですが、
特徴があり、いろいろなことに対してそれに向いた方を、
利用していくということを考えて使うと、どちらも役にたつはずです。